施工事例

トヨタ エスティマ MCR40にCUSCOの車高調を取り付けます。

最近は私の周りもそうなのですが、ミニバン・ワゴン車を所有している方が多いですよね。

昔は車高調といえば、走り屋さんが取り付けるくらいだったのですが、今は色んな車種に車高調の設定がありますよね。純正の車高はいまいちって思っている方も多いと思います。

そこで今回はエスティマをお客様の好みの車高にて仕上げてみようと思います。

施工前

やはりノーマル状態における車高は高いですよね。

国産の車はどうして見た目を考えてくれないんでしょうかね?

輸入車みたいにビシっと決めたいですよね。


施工中

今回はCUSCOのVacanza-WAGONを取り付けました。

今のワゴン車は、ボンネットが開閉でき、そこから作業が行えるので昔に比べると、ショックアブソーバも容易に交換できるようになりました。

それにしても今の車高調は安くなりましたよね!
昔は10万円以上は当たり前の車高調ばかりでしたが、
今は車種によっては7、8万円で買えちゃいますよね。

今回のエスティマは10万円くらいの車高調です。


リヤはショックアブソーバとサスが別々でサスの方にて車高を調整致します。

ジャッキアップしないと、車高の上げ下げはレンチが回しづらく苦労しそうです。

私も車高調を付けてた時代がありますが、1度車高を決めちゃうとあまり上げ下げしなかったですけどね。


施工後

エスティマは車高調で下げると、最低地上高(9cm)以下に簡単になってしまうんですよね(>o<)

その割にはフェンダーとタイヤの隙間が気になってしまいます。


車検のことを考えると、やはり最低地上高9cm以上は確保しておきたいので、今回はこのような感じの車高が限界でした。

車高が変化することによって、ホイールアライメントも変わってしまいます。当店ではホイールアライメントも調整してお客様に納車いたしますので、その辺はご安心ください。