施工事例

今回は、アリスト JZS161 2JZのインテ−クマニホ−ルドのブラスタ−洗浄と結晶塗装の施工紹介です。

施工中

インテークマニホールドをブラスターで洗浄処理し、ボルトの付く部分や、パイプの入り口に、細かく丁寧にマスキングを貼っていきます。
塗料が付着するのを防ぎます。


結晶塗装を塗り、高温で焼き付けをし、塗料を乾燥させました。
乾燥後、マスキングをはがすのですが、塗料と一体化した部分もあり、気をつかう作業でした。
マスキング剥がし後、結晶の施工は完了しました。この後、エンジンに組み付けします。