施工事例

この度、トヨタ アイシスをご購入されたオーナー様、納車前の綺麗な状態で、下廻りの防錆加工を致しました。

メーカーの工場で造られ登録後の入庫となりましたので、
下廻りやボディは綺麗な状態です。

どうしても、冬になりますと雪などの凍結により道路に塩カルを散布します、その塩カルにより下廻りやタイヤハウスが錆てきます。錆を防ぐために防錆加工は大切になります。

スーパー防錆加工は、錆を防ぐだけではなく、防音効果もあります。

施工前

それでは、スーパー防錆加工の開始です。


施工前の下廻りになります。

車の下廻りは、部分的に防錆処理してありますが、防錆処理してない部分の方が多いです。


施工中

まず始めに、前後バンパーとサイドスポイラーを外し作業していきます。

通常、走行されていますお車は、泥や錆などがついているため下廻りの洗浄と錆落としからの作業になります。


マフラーやスペアータイヤなども外し作業していきます。


部品が外れたら、エンジンや足廻りのマスキング作業になります。

このマスキング作業が大変でかなりの時間を要します。


マスキング作業が終わりますと、いよいよ防錆塗装となります。

アンダーボディ専用の防錆塗装を吹き付けていきます。


ボディの足元のフロアーパネルやフレームなどに施工いたしました。


錆やすいタイヤハウスにも防錆加工してあります。

タイヤによる飛び石やロードノイズなども緩和されます。


車検や点検で塗装されます、ブラックとは違い、柔軟性のある塗装です。


施工後

防錆塗装後、組み付けをし、施工完了となりました。

下廻りがボディ色の白から黒へ変わり防錆加工終了です。


タイヤハウス内も防錆加工完了です。