施工事例

 本日は BMWのE60 525のテレビキャンセラーキットの取り付けの施工事例です。

 いつも思うのですが道交法違反って言いますけどこのテのキットは必ずといっていいほどよく量販店で売られています。

 最初から外しときゃいいじゃんって思いますよね?
まあ確かに危ないと言えば危ないですが・・・・・・

 私は純正テレビが付いてた車を買ったことがないのでこの苦労をしたことがありません・・・・後付ばっかりなんで・・・・

 私もテレビをつけて走行することもありますが・・・・

実はあんまり見てないんですよね・・・・・・・・しかし・・・・

走行中映らないのはなんとなく寂しいんですよ(^^;

付けたくなるお気持ちは良く分かります。

 皆様、走行中はくれぐれも、お気をつけてご利用なさって下さいm(_ _)m

では見ていきましょう(^0^)/



施工前

こちらが今回取り付けさせて頂いたキャンセラーキットです(^0^)

データーシステム R SPEC

です。輸入車でも国産でも、相性を考えつつ、お客様の意見も取り入れさせて頂いて、メーカーを選定します。

ナビやオーディオも同様です。

皆様も好みもありますし・・・・・

結構こちらのメーカーさんを選ばれるお客様は多いです。


施工中

さてバラシです。

バラシが一番気を遣います(・・;

なんせパネルを外す際、他のパネルを傷つけない様に細心の注意を払いますし、クリップ止めを壊さないように・・・・・・等など

 上記の様なことにならないように慎重に行います。


配線です。レーダー探知機やナビのモニターの様にコードが露出することはありません。

コードをいかにうまく隠すかは考える必要はありません。

確実に配線を取扱説明書通り、繋いでいきます。


ただ断線を起こしたりしないように、気は遣います。

まあ車は電気の固まりですのでどこでも同じことが言えますが・・・・・


施工後

はい(^0^)/

完成です。

走行テストの風景も載せたかったのですが、たまたま撮影してなかったので今回はご容赦下さいませm(_ _)m


ではまた(^0^)/