施工事例

今回はTOYOTA サーフのナビ取り付けの施工事例です。

今は様々なメーカーからカーナビが出ており、甲乙が付けがたいくらいの性能になりました。

前回はアルパインでしたので今回はパナソニックにさせて頂きます。

施工前

施工前です。

最近の車はナビが追加されることを想定してオーディオの設置場所が設定されています。

目線がなるべく運転中支障ないようになっているんですね(^0^)

では今回取り付けするナビを見てみましょう。


パナソニック CN-HW850Dです。

今回はETCの取り付け込みです。

 高速道路が土日休日の割引を始めて、数年経過してますがその頃からカーナビと連動されるモデルが多くなり、ナビの取り付けの御依頼が増えてきました。


施工中

 実はこの車は新車です。

内装を傷付けない様に慎重に作業を行います。


ETCをセンターコンソール(ギアの後ろにある小物入れ)に取り付けを希望された為、配線が通る箇所の内装を外していきます。


エアコンスイッチを含め、ばらばらになってます。配線もすごい量です。(^^;)


配線をなるべく内装で露出しない様に気をつけて作業を致します。


ナビ本体を取り付け位置に設置します。


グローブボックスの下側です。ここにも配線とユニットを配置します。

不要になったオーディオや破損してしまったオーディオを是非引き取らせてくださいm(_ _)m

お待ちしております。


施工後

ETC取り付け完成です。お客様のご要望通りセンターコンソール内に取り付けました。一緒にi pod の配線も同じところに通しています。目立たなくて、良い場所に設置できました(^0^)


完成です(^0^)

最初にも申し上げましたが、この車はここにナビが付くことを想定されていたんでしょう。

純正みたいになって不自然さが無いです。

また他の施工事例をアップします。

宜しくお願い致します。